改造車をオークションで高く売る

簡単に説明をすれば任意保険とは強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険だけではカバーできない補償を受ける重要なものです。

 

この任意の保険。

 

自賠責保険の上乗せとして働きますので、自賠責保険の支払い限度額を超えた時に有用です。

 

さらに、自賠責保険だけでは物に対する損害に関しては補償対象にならないので、それをまかなうためにはさらに任意保険にも入ることをお勧めします。

 

もう任意保険を支払っている車を買い取ってもらう際は国内メーカーの自動車とか外車などことは関係なく残存金額が還付されます。

 

これは日本の自動車の売却の際も同様です。

 

自賠責保険の場合は一般的には入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険というものは全員が加入するものではありませんので解約ということになります。

 

それから、中途解約後は、すでに 支払い済みの残っているお金が戻ってくるということになります。

 

自動車の売却が決まった場合でもすぐさま任意保険の契約を解除するのは危険です。

 

当たり前ですが、すぐに解約するとそれだけ返ってくる額は多くなりますがもしかしたら車買取店が離れた地域にあり、自分で乗っていくような際は保険なしで自動車の運転をしなければなりません。

 

リスクに備えて、必ずこの先自分で車の運転をすることはないという状況になるまで契約のキャンセルはすることのないようにしましょう。

 

所有車を買い取ってもらって、またすぐに新たな自動車を購入する場合でしたら良いのですがずっと車の運転をしない状況が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない時があると前に継続していた任意保険の等級が下がるため任意保険の保険料が増えることがあります。

 

そういったような時は「中断証明書」という書類を提示してもらうようにする必要があります。

 

この「中断証明書」を使えば、最長10年は無保険になる前の等級を継続することができます。

 

さらに13ヶ月以内ならば発行してもらうことができますので、もしすでに自動車を売却していて「中断証明書」というものを提示してもらっていないのでしたら保険会社や代理店にその旨を伝えてください。

 

もしもあなたが新たにクルマを買うことになって、その後以前所有していた愛車を査定に出す場合は任意保険の加入はどちらか一方のみです。

 

契約し直しということですから、運転をする予定の愛車ならば処分までには注意しなければなりません。

 

また、任意保険は排気量や車種により価格が変化してきますから、中古車買い取りの際は任意保険の内容を振り返るタイミングと考えられます。

 

関連ページ

任意保険という保険
改造車をオークションで売る前に保険について学ぶ
任意保険とは強制保険である
改造車をオークションで売る前に保険について学ぶ

HOME オークションで高く売るには 出品前にやること 壊れた改造車対策 オークションのトラブル回避