改造車をオークションで高く売る

通常、任意保険という保険は強制保険の自賠責保険とは違って、自賠責保険だけではまかなうことが難しい補償を考慮している凄く重要な保険です。

 

これは任意保険の注意点は自動車損害賠償責任保険の上乗せという意味合いで機能しますので自賠責保険でカバーできる支払い能力を超えた時に役立ちます。

 

また、自賠責保険には物的損害については補償が受けられないので、対物損害をカバーする時には任意保険に加入することをお勧めします。

 

既に任意保険の保険料を払っているクルマを乗り換える場合は国産自動車とかイタリア車などことは例外なく残金が返金されます。

 

国内メーカーの自動車も同じことが言えます。

 

自動車損害賠償責任保険は通常加入したままでいるのが常識になっていますが任意保険というのは誰でもかける保険ではないので、契約解除になります。

 

それからキャンセルをすれば、既に 支払い済みの残存金額が戻ってくることになります。

 

車売買が決まったとしてもすぐさま任意保険の契約を解約することはリスクが高いです。

 

もちろん、すぐにキャンセルすればそれだけ戻ってくる額は多くなりますがもしかしたら車買取のお店が離れた場所にあり自ら運んで行くことになった時は任意保険に入っていない状態で運転をすることになります。

 

万が一のリスクを考慮して、絶対にこれから車の運転をすることはないという状況にするまで保険の解約をされないようにしなければなりません。

 

クルマを処分して、すぐさま違う自動車に乗り換えるのでしたら良いのですが、仮にしばらく運転をしない状況が続いて任意保険の意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない時が存在すると以前に継続していた等級が下がってしまい、任意保険の保険料が上がることがあります。

 

こういった時であれば「中断証明書」を発行してもらうようにしましょう。

 

この「中断証明書」で、10年までは契約解除前の任意保険の等級を引き継いで加入することが可能です。

 

それから13ヶ月以内であれば発行してもらうことができますので、もしも現在売られていて、「中断証明書」というものを提示されてもらっていないのであれば、保険会社や保険代理店にそのことを伝えてください。

 

あなたがまた車を買うことになって購入した後に以前持っていた自動車を買取依頼するのならば任意保険の契約は一方のみのになってしまします。

 

保険の更新という対応になるため、運転しなければならない車でしたら買取までには注意しなければなりません。

 

そして任意保険という保険は排気量や車種で料金が変わるので中古車買取時は任意保険を検討する良い機会にもなります。

 

関連ページ

任意保険とは
改造車をオークションで売る前に保険について学ぶ
任意保険とは強制保険である
改造車をオークションで売る前に保険について学ぶ

HOME オークションで高く売るには 出品前にやること 壊れた改造車対策 オークションのトラブル回避