改造車をオークションで高く売る

簡単に言えば、任意保険とは強制保険である自賠責保険とは違って自賠責保険の範囲では補いきれない部分の補償を考慮している重要性の高いものです。

 

これは任意の保険のポイントは自賠責保険の上乗せとして機能しますので自賠責保険の支払い能力を超えた時に有用です。

 

また自賠責保険では対物損害については保証されていないのでそれを補うのであれば任意保険にも入る必要があります。

 

現段階で任意保険を納付済みのマイカーを売る時は、日本の車でも輸入車ということは関係なく残存金額が還付されます。

 

国内メーカーの自動車を処分するケースについても同様です。

 

自動車損害賠償責任保険は通常放っておくのが常識ですが任意保険の場合は全員が入るものではありませんから解約になります。

 

また、解約後は、すでに 支払っている残っているお金が返還されるのです。

 

自動車の買取が成立したとしても即任意保険の契約をキャンセルするというのはリスクが高いです。

 

当然すぐさま契約解除するとその分戻ってくる額は多くなりますがもし中古車専門店が離れた場所にあるため、自ら乗っていくような場合には任意保険に入っていない状態で自動車の運転をすることになります。

 

リスクを考えて、必ずこの先自分が自動車の運転をしないという状況にするまで任意保険の契約の中途解約手続きはされないようにしましょう。

 

中古車を手放して、即新たな自動車を購入するケースだったら良いでしょうが仮にしばらく運転をしないような状態が続き保険に加入している意味がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない時間が存在する場合、過去に入っていた時の保険の等級が下がってしまい、保険料の金額が増額となってしまいます。

 

そういった場合であれば「中断証明書」という書類を提示してもらうようにする必要があるんです。

 

この「中断証明書」を使えば、10年まで遡って中断前の保険の等級を継続することができます。

 

そして13ヶ月以内でしたら発行することができますからもし今現在で自動車を手放していて「中断証明書」というものを提示されてもらっていないのであれば保険の提供元や代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。

 

もし自分が新しく車を買って、それから以前保有していた自動車を処分に出すのでしたら、任意保険の契約はどちらか一方のみの契約になってしまします。

 

任意保険の切り替えという対応になりますから、乗る必要がある自動車ならば引き取りまで注意しましょう。

 

さらに、任意保険という保険は車種次第で価格が大きく異なってきますので中古車引き取りの時は任意保険の内容を検討する良い機会なのです。

 

関連ページ

任意保険とは
改造車をオークションで売る前に保険について学ぶ
任意保険という保険
改造車をオークションで売る前に保険について学ぶ

HOME オークションで高く売るには 出品前にやること 壊れた改造車対策 オークションのトラブル回避